N's-SQUARE
ツイッターはじめました http://twitter.com/Ns_SQUARE_
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年9月6日 福田 進一 & 松原 勝也 デュオコンサート
2011年9月6日(火)
18:30開演

入場無料

”がんばろう石巻!応援コンサート”

昨年も来石した福田 進一 氏が松原 勝也 氏と共に応援コンサートに
再来石です。

世界を舞台に活躍するお二人のデゥオは至福の時間を約束してくれます。

実はN's-SQUAREのコンサートでのクラシックギターはお初なのです。

常連のお客様ならイメージできるかと思いますが、きっと素晴らしい響きになるのではないしら・・・

ウ・フ・フ・・・




福田 進一
                              福田 進一







《パリ国際ギターコンクール優勝から30年福田進一の歩み、詳細プロフィール一挙公開》

ふくだ しんいち/ギタリスト

1955年12月25日、大阪市中央区船場に生まれる。
その後、2才から8才まで兵庫県伊丹市で育つ。
集英小学校(現/開平小学校)、9才より通学路にあった音楽教室一階にてピアノを学ぶが、伸び悩む。
12才の時、ピアノ教室2階に新しく出来たギター教室に移り、故 斎藤達也氏(1942-2006)に出会う。
以後9年間にわたって師事。師より様々な音楽のスタイルと基礎を学ぶ。
その後、船場中学、上宮高校を経て関西大学商学部に進学。
1969年14歳で故 渡辺範彦氏のパリ国際ギターコンクール優勝凱旋リサイタルを聴き、ギタリストを目指すと同時にパリに憧れる。大学1~2年にかけて第3回、第4回日本ギターコンクール(ヤマハ主催/当時)に上位入賞し、注目される。
1977年、21才で関西大学を退学し渡仏、ニース夏期国際アカデミー(A.ラゴヤ)、アルカション国際ギターセミナー(A.ポンセ)2つの講習会に参加の後、パリ・エコールノルマル音楽院(6年制/当時)の5年生に入学し、ギターをアルベルト・ポンセに師事。
翌1978年2月に異例の飛び級により6年に進級、6月には同音学院ギター科の卒業試験を受け首席で卒業する。
同時に公認演奏家ライセンス(リサンス・ドゥ・コンセール)を取得。
続けて7月に南仏で行われた第1回カルパントラ市国際ギターコンクールで審査員満場一致の優勝。
課題曲「風見鶏の遊戯〜もし陽が昇れば」を作曲した審査委員長 故モーリス・オアナ (1914-1992)に絶賛され、薫陶を受ける。
また、2ヶ月後の北イタリア・ガルニャーノ国際ギターセミナーに参加、巨匠オスカー・ギリアに師事する。
フランスでの優勝もイタリアでは二次敗退。厳しさを知る。
その後、活動拠点のパリで再度エコールノルマル音楽院に入学。和声、アナリーゼ、音楽表現を名教授ブーランジェと指揮者マルケビッチという巨匠たちのアシスタントであった作曲家ナルシス・ボネ氏に師事、音楽面での多大な影響を受ける。
1979年夏、ふたたび北イタリアのガルニャーノ国際ギター・コンクールに再挑戦、1位なしの第2位(首位)。
さらに1980年〜84年の毎夏、特待生としてキジアーナ音楽院(イタリア/シエナ)にてギリアに学び、「ディプロマ・ディ・メリト」を取得。
サル・ガヴォーで行われた第1回パリ国際ギター・フェスティバルでフルートの工藤重典氏と初共演。
1981年3月、第27回マリア・カナルス国際コンクール(バルセロナ/スペイン)のギター部門で第2位。
ちなみにピアノ部門第2位は楽友の藤井一興氏
同年10月、フランス国営放送主催/第23回パリ国際ギター・コンクールにて、グランプリ優勝。
一躍内外の注目を集め、翌年にはイタリア、フランス、ドイツをデビュー・ツアー。クールシュヴェル日本音楽週間では、パリの楽友 野平一郎作曲の「アラベスク IV」を初演する。

その後、1983年2月に東京文化会館で日本デビュー。翌84年にはビクターと専属契約し、レコード・デビュー。
翌年には、三石精一指揮/札幌交響楽団とコンチェルト・デビュー。
1985年3月に7年9ヶ月の海外生活を終え、帰国。

その後の日本国内での主な賞歴/
1985年:東京、大阪での連続コンサート・シリーズ「福田進一の世界」により、大阪芸術祭賞本賞
1986年:CD「祈祷と舞踊」(JVC) により、文化庁芸術祭作品賞
同年:村松賞/年間最優秀新人賞
1996年:静岡市文化奨励賞
2003年:CD「セビリア風幻想曲」により、第58回文化庁芸術祭賞レコード部門優秀賞を受賞。
同年:静岡市教育委員会より文化奨励賞
2007年:国際的な活動に対して麻生太郎外務大臣(当時)より、平成19年度外務大臣表彰。




松原 勝也
                              松原 勝也

1963 東京に生まれる
1986 東京芸術大学音楽学部器楽科ヴァイオリン専攻卒業
1989 東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了
1989~98 新日本フィルハーモニー交響楽団コンサートマスター
1990~2000 水戸室内管弦楽団メンバー
1996~98 東京音楽大学非常勤講師
1996~ 霧島国際音楽祭講師
1997~ 静岡AOIレジデンスクヮルテットメンバー
1998 東京芸術大学音楽学部助教授('07.4~准教授)
2001~ 第一生命ホール・若手演奏家のためのアドヴェントセミナー講師
2010~ 長崎OMURA室内合奏団アーティスティックアドバイザー
2011~ 東京芸術大学音楽学部教授
研究活動
受賞歴
1984 安宅賞
1985 ティヴォール・ヴァルガ国際コンクール第4位
1986 第21回民音室内楽コンクール第1位
1987 クライスラー国際コンクール特別賞
1999 第17回中島健蔵音楽賞
2000 第55回文化庁芸術祭新人賞
近年の主な演奏歴
1995 松原勝也ヴァイオリン・リサイタル(津田ホール)
1996 東京の夏音楽祭参加('99, '02)
1998 神戸室内合奏団定期演奏会(独奏)('00)
1998~2000 無伴奏リサイタルシリーズ(6回)
1997~2005 静岡AOIレジデンスクヮルテット演奏会
2000~02 ベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲演奏(さいたまアーツシアタークヮルテット)
2001 東京芸術大学ハイドン弦楽四重奏曲全曲シリーズその3
2001~05 第一生命ホール・若手演奏家のためのアドヴェントセミナー&コンサート(指導・独奏)
2002 ジュニアフィルハーモニックオーケストラ・サマーコンサート ジュニアフィルハーモニックオーケストラ・オータムコンサート(指揮・独奏)('05)
彩の国ブラームス・プロジェクト モストリー・ブラームス 六重奏の夕べ
2002~03 武満徹全室内楽曲連続演奏会
津田ホールスペシャル21・松原勝也+プラス
2007~09 ベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲演奏会(プレアデス・ストリングクヮルテット)
2010 長崎OMURA室内合奏団定期演奏会(指揮)




お申込み・お問い合わせ

財団法人 石巻市文化スポーツ振興公社
  0225-94-2811
または
N's-SQUARE
  090-3643-7731 メール:440.442@gmail.com

にて、お待ちしております。
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nssquare.blog10.fc2.com/tb.php/38-65da8596
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。